> >

引越し料金はなぜ違うのか

高いと安心?安いと不安?引越し料金はなぜ違うのか

高いと安心?安いと不安?引越し料金はなぜ違うのか

引越しを業者に頼むとき、気になるのが価格ですね。
大手は安心なイメージがあるけど料金が高めに設定されているし、規模の小さい会社は驚くほど安いけど逆に心配・・・そんなことを感じた経験はありませんか?

引越し料金に定価は存在しません。
ではなぜ業者ごとに大きな差が出るのでしょう。

引越し料金の内訳とは

引越し料金の内訳で一番大きなウエイトを占めるのが、人件費です。
さまざまなシーンで機械化が進んでも、引越しは人の手で行う必要があるので、当然といえば当然です。

例えば大手引越し業者の場合、作業スタッフに含まれる正社員の数が多くなります。
社員であれば責任も大きくなり、社内教育なども行き届いているので、作業を安全かつ丁寧に行ってくれることでしょう。
その分、引越し料金に人件費が上乗せされているのです。

一方、小さな会社では、正社員の数が少なく、アルバイトの比率が多くなります。
一件の引越しに割ける人員数も限度があり、少ない人数で効率よく作業する、というスタイルが多くなります。
引越し料金は安くなりますが、作業の丁寧さや信用度に不安が残るかもしれません。

人件費の他、資材・梱包材に使う費用も料金に含まれてきます。
大手だと最新の技術を活かした梱包材を導入しているところもあり、家具や建物を傷つけない引越しを実現する代わり、代金が高めになるのです。

小さな業者の場合は、資材・梱包材を使い回したり、依頼者に実費負担してもらうなどして、引越し代金を安く抑えているのです。

事業形態の違いが料金に反映される

同じ引越し業者でも、細かな面で見ていくとさまざまな違いがあります。
例えば、積み込みから荷降ろしまで同一のスタッフが一貫して行うところと、途中で担当店舗やスタッフが変わるケースもあります。
後者の場合、それぞれの作業スタッフに給料を支払う必要があるので、料金に上乗せされることがあります。

また、もし荷物を破損してしまった場合の対応についても関係があります。
会社が賠償を全額負担する場合は保険費用として引越し料金に反映されていることがありますし、作業スタッフの個人責任になる場合では会社の利益分に支障がないので、引越し料金自体は安くなっているのです。

以上のように、高いには高いなりの、安いには安いなりの理由があるのです。
さまざまな面から検討し、一番信頼できる引越し業者を見つけましょう。

引越しコラムカテゴリ 最新記事

04

引越し荷物はこうして分けよう!後々役立つ梱包の裏ワザ

生活用品をダンボールに詰めていくと、だんだん頭もいっぱいになってしまいますね。 特に、ファミリー世帯の引越しは荷物も多く
24

リノベーションした部屋は修理費用がかからないのかどうか

近年、セルフリノベーションがとてもメジャーな存在になりました。 専門家に頼むと多額の費用がかかるリノベーションですが、自
23

便利屋と引越し会社は引越しプランによって使い分けよう!

依頼があればなんでもやってくれるという便利屋。 近年は引越しサービスを提供している便利屋も多くなっています。 驚きの低料
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 引越しコラム

Comments are closed.