> >

入居時にしっかり済ませておきたい、傷や汚れのチェック項目

入居時にしっかり済ませておきたい、傷や汚れのチェック項目

入居時にしっかり済ませておきたい、傷や汚れのチェック項目

新居を決めるときにも不動産屋などの立会いの下、新居のチェックをしたかと思います。
しかし、実際に暮らし始めてから分かる不具合も少なくありません。
後々退去するときになって修理費用などを請求されないためにも、入居時に気がついた不具合や傷などはできるだけ早く報告しておきたいもの。
ここでは、そのチェックポイントをご紹介します。

入居時はこんなところもチェックしておこう

部屋を内覧したときは不動産屋などの担当者が立ち会って、というのが主流です。
しかし実際に賃貸借の契約を済ませ引越してきたときは、家主や不動産屋の立会いはないのが普通。
つまり、入居時の現況について、自分でしっかりチェックをし、不具合などあれば早めに申告する必要があるのです。

このとき、部屋の中でパッと目に付くところの汚れや破損はすぐに気がつきますが、意外と忘れがちなのが、備え付けの設備や水周りなど。
また、エアコンや照明器具など、使用する時期が限られているものについても、忘れてしまいがちなので注意が必要です。
特に以下の項目については、念入りにチェックしてみましょう。

・建具の立て付け
・窓や網戸のひび、割れ、破れ
・チャイムなどの設備は正常に作動するか
・水周りの排水や異臭の有無
・バルコニーなどの手すり、床の安全性
・設備類の説明書は足りているか

入居したら、とりあえず全てのスイッチを入れてみて、設備類も動かしてみましょう。
照明は全部つけてみる、水周りは水を流してみることをおすすめします。

もし不具合や破損を見つけたら

エアコンや給湯器など、入居前から設置されているものについては、修理は貸主の負担となります。
借主が勝手に修理したり手を加えると、後々トラブルになる可能性も。
自分で持ってきた荷物以外は、面倒でも家主か管理会社に確認を取りましょう。

雨漏りやカビ、結露についても、放置せずに早めに申告する必要があります。
退去時にクリーニング代を請求されないよう、責任の所在をはっきりさせておきましょう。
騒音問題や他の入居者とのトラブルが生じた際も、いきなり直談判をするのは危険です。
家主か管理会社に連絡を取り、間接的に注意してもらうことをおすすめします。

入居時は何かと忙しく、生活に支障がなければ後回しにしてしまうこともあるかもしれません。
しかし手間を惜しむことで、もしかしたら退去時の敷金を損することになるかも。
面倒でも一つずつ確認し、入居時の状態を家主にも理解してもらうことが大切です。

引越しコラムカテゴリ 最新記事

04

引越し荷物はこうして分けよう!後々役立つ梱包の裏ワザ

生活用品をダンボールに詰めていくと、だんだん頭もいっぱいになってしまいますね。 特に、ファミリー世帯の引越しは荷物も多く
24

リノベーションした部屋は修理費用がかからないのかどうか

近年、セルフリノベーションがとてもメジャーな存在になりました。 専門家に頼むと多額の費用がかかるリノベーションですが、自
23

便利屋と引越し会社は引越しプランによって使い分けよう!

依頼があればなんでもやってくれるという便利屋。 近年は引越しサービスを提供している便利屋も多くなっています。 驚きの低料
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 引越しコラム

Comments are closed.