> >

これさえ読めば安心!電気・ガス・水道の引越しマニュアル

これさえ読めば安心!電気・ガス・水道の引越しマニュアル

これさえ読めば安心!電気・ガス・水道の引越しマニュアル

電気やガスなどのライフラインは、引越しをしてもすぐに使えることが大前提。
そのためには事前にしっかり手続きし、当日にばたばたしないよう備えておきたいものですね。
ここでは、各手続きについて見ていきましょう。

引越しが決まったらすぐに手続きを!各手続きについて

電気の引越し手続き

電気の手続きは、インターネットで申し込むか、営業所に電話をして申し込む方法があります。
引越し当日には担当者が訪問してくれ、旧居での電気使用量の精算と使用停止手続きをしてくれます。

新居では、ブレーカーのスイッチを入れるとすぐに電気を使用できます。
引越し後は新居のポストなどに入っている「使用開始申込書」を投函するのを、忘れないようにしましょう。

ガスの引越し手続き

こちらも、領収書などに記載されているガス会社へ電話連絡をします。
インターネットから申し込めるところもあります。
引越し当日には担当者が訪問し、電気と同様旧居の使用量の精算を行います。
新居では、担当者立会いのもと、ガスの開栓と安全確認を行います。

ガスは電気や水道と違い、担当者に開栓してもらわないと使用が開始できません。
つまり、連絡や申し込みを忘れていると、しばらくガスが使えないという事態も。
引越しが決まったら早めに転居手続きを申し込んでおくと安心です。

水道の引越し手続き

こちらも、営業所へ電話連絡をします。
引越し当日には、やはり担当者が来訪し、直前までの水道使用量を精算してくれます。
新居では、水道のメーターボックスにある栓を回せば使用が開始できます。
電気と同様「使用開始申込書」が用意されているので、引越し後はなるべく早くこちらを投函しましょう。

まれに、申込書が置かれていなかったり、栓を回しても水が出ないということがあります。
そんなときは管轄の水道事業者に連絡をしましょう。
ただし、自治体によって手続き方法が異なる場合があるので、こちらも事前にしっかり確認しておくと安心です。

電気・ガス・水道はいずれも余裕を持った申し込みが必要です。
遅くとも引越しの一週間前までには、それぞれの手続き申し込みを済ませておきましょう。

インターネットでの申し込みを活用しよう

日中は何かと忙しく、いちいち電話をかけていられない、という人もいるでしょう。
そんなときはインターネットでの申し込みが便利です。
ただし、領収書に記載されているお客様番号が必要になるので、手元に領収書を用意してからネット申し込みを始めましょう。

また、旧居での精算は新居へ請求書を送ってもらえることも。
忙しい人はそれらの確認や手続きも合わせて行っておくと便利です。

引越しコラムカテゴリ 最新記事

04

引越し荷物はこうして分けよう!後々役立つ梱包の裏ワザ

生活用品をダンボールに詰めていくと、だんだん頭もいっぱいになってしまいますね。 特に、ファミリー世帯の引越しは荷物も多く
24

リノベーションした部屋は修理費用がかからないのかどうか

近年、セルフリノベーションがとてもメジャーな存在になりました。 専門家に頼むと多額の費用がかかるリノベーションですが、自
23

便利屋と引越し会社は引越しプランによって使い分けよう!

依頼があればなんでもやってくれるという便利屋。 近年は引越しサービスを提供している便利屋も多くなっています。 驚きの低料
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 引越しコラム

Comments are closed.