> >

敷金の本当の仕組みとは

「敷金」は大家さんの物じゃない?敷金の本当の仕組みとは

「敷金」は大家さんの物じゃない?敷金の本当の仕組みとは

関東では、引越しにかかる初期費用といえば敷金・礼金。
最近では敷金・礼金共にかからない「ゼロゼロ物件」といった物も増えていますが、平均して、家賃の1~2ヶ月分がそれぞれかかるのが一般的です。
そして敷金といえば、かえってこないもの、というイメージがありませんか?
しかし、実は敷金という制度そのものの認識が間違っているかもしれないのです。

意外と知らない敷金の本質

敷金とは、家賃の滞納時や退室時の修繕費用に充てる「保険」として、大家さんに支払うお金です。
ちなみに、礼金はその名の通り大家さんへの「お礼」として払うお金。
つまり、敷金はもしものときのために預けておくもの、礼金はお礼の気持ちとして支払うもの、ということができるのです。

基本的に、敷金は部屋の修繕や原状回復のために充てられます。
しかし、中には敷金でカバーされないものもあるのです。
例えば壁やふすまを壊してしまった、床に傷がついたなどの場合、別途修繕費を請求されてしまう可能性があります。

敷金でカバーされるのは、通常の生活によって磨耗したものや破損したもの。
畳の傷みや日焼け、冷蔵庫などによる壁焼けなどは、経年劣化として敷金から修繕費用が出される仕組みとなっています。

ただし、敷金がどのような内訳で使われるのかは退去者には知らされません。
非常に曖昧な使途のため、退室時に敷金をめぐって金銭トラブルが起こることも珍しくないのです。

退室時に敷金トラブルにならないためには

数年とはいえ、快適に住んだ住居を離れるときにはすっきりと引っ越したいもの。
特に金銭をめぐるトラブルは後味も悪いので、絶対に避けたいところですね。
敷金は決して安くはない額ですから、できるなら返して欲しいと思う人も多いかと思います。
しかし、まずは契約時の内容をチェックしてみましょう。

賃貸借契約を結ぶとき、敷金についても記載がされています。
退室時の敷金返還の条件、原状回復のルール、借主と貸主の負担の度合いなど、あらかじめ決められている項目は一度チェックしておきましょう。

また、大家さんとの関係を良好にしておくことで、余計なトラブルを避けることもできます。
挨拶やコミュニケーションをまめにする、家賃の支払が遅れたり滞納したりしないよう気をつける、部屋をきれいに使うなど、退去前から予防策を取ることも大切です。
大家さんに気に入ってもらえれば、敷金が多めに返還されることもあるかもしれません。

いかがでしたか?
意外と知らない敷金の事情について知っておき、引越しの際は余計なトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

引越しコラムカテゴリ 最新記事

04

引越し荷物はこうして分けよう!後々役立つ梱包の裏ワザ

生活用品をダンボールに詰めていくと、だんだん頭もいっぱいになってしまいますね。 特に、ファミリー世帯の引越しは荷物も多く
24

リノベーションした部屋は修理費用がかからないのかどうか

近年、セルフリノベーションがとてもメジャーな存在になりました。 専門家に頼むと多額の費用がかかるリノベーションですが、自
23

便利屋と引越し会社は引越しプランによって使い分けよう!

依頼があればなんでもやってくれるという便利屋。 近年は引越しサービスを提供している便利屋も多くなっています。 驚きの低料
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 引越しコラム

Comments are closed.