> >

引越し先の契約するタイミングは慎重に

家賃を2重に払わないために!契約するタイミングは慎重に

家賃を2重に払わないために!契約するタイミングは慎重に

新しい住まいを決めるとき、お金が発生するタイミングはいつか知っていますか?
答えは契約を結んだとき。
賃貸で言えば、「この部屋に住みます」と決めて、実際に不動産屋などで契約書類を交わしたときから家賃を払う義務が生じます。

お部屋を即決!でも家賃を2重に払うことも?

いい部屋に出会えるか、理想の住まいに住めるかどうかは、縁とタイミング。
不動産には「取り置き」ができません。
特に2~4月や秋の引越しシーズンでは、物件の選択肢が増える分、どんどんいい部屋は埋まっていきます。

一つの物件を見ただけで新居を決めるのは、もちろん不安ですね。
もっといい部屋があるかも、と複数の物件を見て回ることは当然です。
しかし「この部屋は気に入ったけど、一応他も見てみたい」と思ったからといって、何日、何週間と部屋をキープしてもらうことはできません。

それでは「住むのはまだ先だけど、他の人に取られないように契約だけ済ませた」というケースはどうでしょう?

1月に契約して、3月まで引越ししないでいたとしても、実は新居の家賃は払わないといけないのです。
つまり、1月と2月は旧居と新居、両方の家賃を払う必要があるのです。

また、引越しには旧居への告知義務もあります。
賃貸契約を結んだときに、「転出の際は〇ヶ月前に申し出ること」という取り決めがされたことと思います。
この期限より前に申し出るのは良いのですが、例えば「2ヶ月前に申し出ること」と決められているのに1ヶ月前に「引っ越します」と伝えた場合は契約違反となり、家賃を払わなくてはいけないことも。

実際に引っ越したいタイミングから逆算して部屋探しをしよう!

住んでもいないのに家賃を払うのはもったいないですね。
しかも2重に払うとなると、負担も大きくなり、引越しそのものに支障をきたす可能性も出てきます。

それではどうしたらいいかというと、やはり事前によくタイミングを検討することが大切です。
引っ越す時期がある程度詳細に決まったら、そこから逆算して部屋探しをしましょう。

もし早めに気に入った物件を見つけたら、入居時期について交渉することもできます。
たいていの場合、よほど長い間が空かなければ、入居時期については柔軟に対応してくれる大家さんや不動産会社が増えています。

時間もお金も有効に使い、満足の行く引越しを成功させましょう!

引越しコラムカテゴリ 最新記事

04

引越し荷物はこうして分けよう!後々役立つ梱包の裏ワザ

生活用品をダンボールに詰めていくと、だんだん頭もいっぱいになってしまいますね。 特に、ファミリー世帯の引越しは荷物も多く
24

リノベーションした部屋は修理費用がかからないのかどうか

近年、セルフリノベーションがとてもメジャーな存在になりました。 専門家に頼むと多額の費用がかかるリノベーションですが、自
23

便利屋と引越し会社は引越しプランによって使い分けよう!

依頼があればなんでもやってくれるという便利屋。 近年は引越しサービスを提供している便利屋も多くなっています。 驚きの低料
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 引越しコラム

Comments are closed.