> >

転居届けの必要な物リスト

これを見れば一目でわかる・転居届けの必要な物リスト

これを見れば一目でわかる・転居届けの必要な物リスト

転居届けをいちいち出すのは面倒ですが、旧居のままにしておくと後々トラブルが起こる可能性もあります。
届けもれのないように、ここでご紹介するリストをもとに、チェックしておきましょう。

引越し1ヶ月~1週間前までに届出を出したいもの

①職場・学校、幼稚園や保育園

住所が変わったら、速やかに届け出る必要があります。
特に子供の学校や幼稚園などはうっかり後回しにしがちですが、緊急連絡網などの関係もあるので、新住所が決まり次第すぐに届け出ましょう。

②転居・転出届

今住んでいる市区町村に届け出ましょう。
新居には、転居後に転入届を出す必要があります。

③銀行口座・ローンの住所変更

銀行からのお知らせなどあるので、早めに届け出を出しておくと安心です。

④保険の住所変更

生命保険、損害保険の他、各種保険の登録住所を変更しておきましょう。
いざというとき保険に関する手続きが遅れる恐れがあるので、忘れずに届け出ておく必要があります。

⑤インターネットプロバイダや携帯電話の住所変更

意外と忘れがちですが、これらも忘れずに住所変更をしておきましょう。
特にインターネットプロバイダは、新居でネットが使えない、なんてことにならないためにも要チェックです。

引越し後に転居届けを出す必要があるもの

①転入届

新居のある市区町村に、転入届を出す必要があります。
できれば引越し当日に市役所などに行くと忘れる心配がない上、ゴミの出し方などのお知らせももらえるので便利です。

②資格所有者の届出

運転免許や各種資格について、住所変更をしておきましょう。

③国民年金や児童手当の住所変更

引越しをしたら、国民年金の住所変更や、児童手当の再申請が必要です。
特に子供のいる家庭は、転居届けを出すのが遅くなると児童手当がもらえなくなることがあるので要注意です。

④自動車・バイク・ペットの登録変更

自動車やバイクの住所登録や、ペットの登録を忘れずに行いましょう。

⑤郵便物の転送

郵便物の転送は、郵便局に行くと簡単に行えます。
うっかり転居届けの出し忘れがあっても、転送サービスを利用しておくと安心です。
ただし、転送サービスは期間限定なので、謙虚届けの出し忘れた物に気がついたら速やかに住所変更をしておきましょう。

いかがでしたか。
引越しは荷物の運搬だけでなく、いろいろな手続きも多くなるので、なかなか手が回らないということもあるかと思います。
新居に越してから1ヶ月ほどは各種手続きに追われて忙しくなりますが、ここでご紹介したリストをもとに、忘れずに転居届けを出していきましょう。

引越しコラムカテゴリ 最新記事

04

引越し荷物はこうして分けよう!後々役立つ梱包の裏ワザ

生活用品をダンボールに詰めていくと、だんだん頭もいっぱいになってしまいますね。 特に、ファミリー世帯の引越しは荷物も多く
24

リノベーションした部屋は修理費用がかからないのかどうか

近年、セルフリノベーションがとてもメジャーな存在になりました。 専門家に頼むと多額の費用がかかるリノベーションですが、自
23

便利屋と引越し会社は引越しプランによって使い分けよう!

依頼があればなんでもやってくれるという便利屋。 近年は引越しサービスを提供している便利屋も多くなっています。 驚きの低料
シェアしてね(/*^^*)/
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 引越しコラム

Comments are closed.