引越し見積もりで引越し費用を安くお得に!

引越し見積もり.comについて!

引越しは、新しい生活を始める第一歩です。

引越しは荷造りや新しい住まい探しなど、やることが多すぎてつい面倒に感じてしまいます。

引越し業者選びはサービス内容や金額を比較したりなど大変ですが、なるべく引越し料金は安く引越し作業は手軽に済ませたいのが本音です。

『引越し見積もり.com』では、あなたの理想の引越しを実現するお手伝いをしています!

失敗しない引越し業者選びのコツから、引越しを決めてから引越しまでにやるべきことの流れ、引越し見積もりの取り方や実際の引越しまでのスケジュール組みなど、意外と知らない引越しの詳細をご紹介します。

引越し後の新しい住まいで気持ちよく新生活を送るために、当サイト『引越し見積もり.com』を活用してスムーズな引越しをしてみませんか?

引越しに関するコラムや体験談など、引越しに関しての読み物コンテンツもどんどんアップしていきます。

引越し見積もりを取るときのポイントなど、実際に、引越しに役立つ情報も満載の『引越し見積もり.com』です!

初めての引越しも、ファミリー向けの引越しも、当サイトを見ておけば安心です。引越し費用や引越しの段取りで失敗しないためにも、『引越し見積もり.com』を参考に、しっかりと引越し準備をしましょう。

引越し見積もりサイトを利用するときのポイント!

引越し見積もりサイトを一括で利用するときのポイント!

引越し見積もり一括サイトでは、引越し先の住所や引越し前の住所、引越し先の建物のタイプなど、簡単な引越し情報を入力フォームに登録しますと、すぐに引越し見積もりを依頼できます。

大手引越し会社から地域密着型の中小引越し会社まで、クリック一つで引越し見積もりの依頼と比較ができますので、最安値の引越し業者を探したいときに、引越し見積もり一括サイトはとても便利です。

しかし、引越し見積もり一括サイトを利用するときは、気をつけなければならないポイントがありますのでご注意ください!

引越し見積もり一括サイトを利用するときは、時間や個人情報に注意!

引越しをする際、インターネットで引越し見積もりを依頼できるのは非常に便利な半面、引越し業者からのレスポンスについて、あまり深く考えていない人も多いのではないでしょうか?

しかし、引越し業者にとっては、引越し見積もり依頼が届いたときから、引越しの契約をめぐる顧客獲得競争が始まっています。

特に、引越し見積もり一括サイトを利用する人は、複数の引越し業者に引越し見積もりを依頼することが多いですので、各引越し業者は、他の引越し見積もり業者より早く引越し見積もりを提示し、引越しの訪問見積もりまでこぎつけまして、引越しの契約を取りたいと考えています。

引越し見積もり業者は多くの場合、インターネットから引越しの見積もり依頼をしますと、一件でも多く引越しの受注を取りたい為すぐに引越し見積もり業者から電話の営業があります。

引越し見積もりを利用する際、気をつけたいポイント!

たくさんある引越し見積もり業者の中には、時間帯を問わずとにかく電話をかけてくる引越し見積もり業者もいます。

深夜や早朝でも構わず引越し見積もりの結果について電話をかけてきて、電話が通じるまでずっと電話をかけてくるしつこい引越し見積もり業者にあたりますので、引越し見積もり業者からの電話で仕事や睡眠時間を邪魔されますし、引越し見積もりを依頼したときに登録した電話番号が携帯番号ではなく自宅の電話番号だった場合は、一日中、自宅に電話が鳴り続けるという可能性もありますのでくれぐれもご注意ください。

引越しの訪問見積もりを依頼する引越し業者が決まりましたら、他の引越し業者に対して引越しが決まったことをきちん伝えて引越し見積もりの営業を断りましょう。

きっぱり引越し見積もり結果を断っても、引越しの営業電話が続くようでしたら、引越し業者からの営業電話が収まるまで待つか、ネットなどで迷惑電話の撃退方法を紹介しているサイトを参考にしましょう。

引越し見積もり一括サイトで、業者と交渉しやすくなる

各引越し見積もり業者は、引越し見積もり一括サイトを利用する人の傾向を把握しており、複数の引越しライバル会社に引越し見積もりが依頼されたことを知っていますので、引越し見積もりを受けたときは、他の引越し業者を意識した引越し金額を提示します。

引越し見積もり一括サイトを利用することで、引越し業者との金額交渉もしやすくなりますので、引越し見積もり一括サイトを活用してしっかり比較して交渉することをオススメ致します。

引越し見積もりを利用する際、第2のポイント!

複数の引越し見積もり業者に訪問見積もりに来てもらうときは、本命の引越し業者は最後に訪問見積もりに来てもらいましょう。

最初の引越し見積もり業者は、引越しを依頼する側にとって引越し見積もりの内訳や料金、サービス内容など、他の引越し業者と比較する判断材料が少なく、提示された引越し値段が相場内なのか安いのかもわかりませんので、交渉がしづらくなります。

しかし、2社目以降の訪問引越し見積もりは、1社目の訪問見積もりの金額や引越しのサービス内容と比較できますので、引越し金額の値段交渉がしやすくなります。

本命の引越し業者には、「引越し見積もりを依頼しましたら、○○社はもっと安かったんです」などと言いまして、引越し訪問見積もりの値下げ交渉をしてみましょう。

契約する意思があることや、場合によっては契約の即決もできるという姿勢を見せることで、引っ越し料金の値下げ成功率がアップします。

引越しの流れ!

1:転居先を探す

まずは、新しい引越し先を探しましょう。

希望の間取りや家賃、引越し先の周辺環境など、新しい住居に関して自分の理想や希望をしっかり固めておくことが大切です。

単身・一人暮らしや家族の引越し、事務所の移転など、転居先の規模はさまざまですが、新しい引越し先が決まりましたら、新居の階数や間取り、コンセントやエアコン排気口の位置、天井の高さ、ドアや窓の高さと幅、新居周辺の道など、引越しするときに必要となる情報を確認しておくと、引越し見積もり業者との交渉がスムーズに進みます。

2:新居の契約・現住居の解約をする

新居の入居日や現住居の退出日など、引越し前に細かな取り決めを済ませておく必要があります。

特に賃貸の場合は、それまで住んでいた部屋をいきなり退去するわけにはいきませんので、あらかじめ余裕を持って、貸主に現住居の解約を連絡しましょう。

早めに賃貸の解約日を決めることで、不要な家賃を支払わなくて済みますし、貸主とトラブルになる心配も防げます。

賃貸の解約日はお部屋を借りる契約の際に「何ヶ月前までに!」と契約書に書いてある場合がほとんどですので、契約書を確認するか大家さんにご確認ください。

3:引越しの準備

いよいよ引越するタイミングになりましたら、引越し見積り一括サイトなどを利用して引越し見積もりを取った引越し業者の中から、訪問見積りに来てもらう引越し業者を選択する段階です。

転居先の住所や間取りなどの情報とともに、新居に持っていく家具や家財、家電、荷物を箱詰めしたダンボールの点数をリストアップしまして、引越しの訪問見積りのときに、引越し料金の値引きや割引といった値段交渉をうまくするための材料にしましょう。

新居に運送してもらう荷物が多いほど引越し料金が増額し、不用品の処分や荷物の梱包、旧居の掃除などを引越し業者に依頼しますとオプション料金が発生しますので、荷物の梱包とともに旧居の掃除や不用品の処分を自分で行いますと、引越し手数料を節約できます。

4:引越し当日

引越する当日は、住んでいた部屋の後片付けや部屋の引渡し、新居の掃除やご近所へのあいさつなど、やることがたくさんありますので、引越し当日にすべきことを事前にリストアップしておきますと安心です。

ご近所へのあいさつは、不要なトラブルを避けるためにも大事ですので、あいさつのときに渡す品物を事前に用意し、引越し業者が帰ったあとに、一戸建ての場合は向こう三軒両隣、集合住宅の場合は両隣と上下階に住むご近所さんに、きちんと引越しのあいさつをしておきましょう。

大まかな引越しの流れは、以上になります。次は、引越しを決めたらしておくべきことについて、詳しく見ていきましょう。

引越しを決めたら最初にする3つのこと

スケジュールを立てる

引越しを決めたら、まずは長期的な引越しのスケジュールを組みましょう。

物件を探しに不動産屋へ行く日や、いつまでに新居を決めて不動産屋と契約するか、引越しはいつにするかなど、無理のない範囲で引越しの予定を組みますと、引越しまでの流れが把握できますので、引越しのスケジュールがスムーズに進みます。

また、長期的な引越しのスケジュールを組みますと、時間に余裕がありますので、多くの不動産物件を比較・検討し、自分の希望や条件に合う新居を見つけることができます。

時間に余裕がなく、すぐに引っ越したい人も、引越しで失敗しないために、まずは簡単な引越しのスケジュールを組むことをオススメ致します。

各種手続きの確認

引越しをするときは、電気やガス、水道以外にも、電話回線や郵便物、新聞、有料放送などの解約や住所変更手続きが必要になります。

銀行やクレジットカード、保険、車なども、転居届を出さなければなりませんので、忘れずにチェックしておきましょう。

また、お子さんがいる場合は、子どもが通っている学校で転校の書類(在学証明書・教科書給付証明書)を作成してもらわなければなりませんので、仮にまだ新居が見つかっていなくても、引越しが決まりましたら、早めに子どもの学校に転校の旨を連絡しましょう。

引越しに必要な手続きをリストアップしておきますと、各種手続きを忘れる心配がなくなりますのでオススメです。

旧居が賃貸の場合は、解約手続きと大家さんへのあいさつ

賃貸借契約を結んでいる人は、民法や借地借家法によって、大家さんに賃貸借契約の解約を申し入れる期間が決まっていますので、契約で賃貸期間を定めていないことや、解約の申し入れに3ヶ月の猶予期間をおくなど、しっかり賃貸借契約の確認をしておきませんと、余計に家賃を支払わなければならないこともありますので、賃貸借契約の解約を申し入れるときは注意が必要です。

大家さんとトラブルを起こさないためにも、賃貸借契約を確認し、早めに賃貸借契約の解約を申し入れましょう。

以上、引越しを決めたら最初にする3つのことを済ませましたら、いよいよ引越しです。
気持ちよく引越しするためにも、上記の3項目は、必ず早めに済ませておくことをおすすめします。

引越し料金をお得に値引きする方法!

訪問見積もりは相見積もりで値引き交渉する

引越し見積もり一括サイトなどで、引越し業者に引越し見積もりを依頼しますと、訪問見積もりを勧められます。

引越しの訪問見積もりでは、引越し業者の営業担当に家へ来てもらい、新居に運送する家具や家財、家電、荷物などを引越しのプロの目から見てもらいまして、実際にかかる引越し料金の見積もりを出してもらいます。

しかし、引越しの訪問見積もりを1社だけに依頼しますと、引越し料金の相場がわからないまま値段交渉することになりますので、必ず複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼する相見積もりにしましょう。

複数の引越し業者に訪問見積もりをお願いして相見積もりしますと、各引越し業者の引越し料金体制やサービス内容がわかりますので、引越し見積もり業者を比較し、「○○社は△万円でしたが、なぜ、御社は○○社より引越し料金が高いのですか?」など、引越しの値段交渉がしやすくなります。

相見積もり後に引越し料金の値引き交渉によって、万単位の値引きやエアコン取り付けが無料になるなど、お得な割引やサービスを受けられることがありますので、引越しの相見積もりを最大限に利用しまして、満足のいく引越し料金とサービスがそろった引越し業者を選びましょう。

自分に合った引越しプランを選ぶ

引越しする人のタイプは、「単身・一人暮らし引越し」「夫婦・カップル引越し」「家族・ファミリー引越し」の3つに分けられます。

引越し業者によって、単身パックプランやファミリープランなど、得意とする引越しプランが異なりますので、自分の条件に合った引越し見積もり業者を選びますと、引越し料金を安く節約できます。

単身・一人暮らしの引越し

単身・一人暮らしの引越しは、環境変化の身軽さや荷物量の少なさから引越し件数が多いため、引越し業者にとって魅力的な市場になっていますので、各引越し業者では、荷物量を一定量に限定した単身引越し用の格安プランを用意するなど、単身引越しのお客を獲得するための価格競争が行われています。

単身・一人暮らしの引越しで引越し料金を安くしたい人は、引越し依頼が集中する3月~4月の繁忙期を避けまして、引越し見積もり一括サイトなどで複数の引越し業者に引越し見積もりを依頼し、相見積もりで値引き交渉しますと引越し料金を安くすることができます。

夫婦・カップルの引越し

夫婦・カップルの引越しは、年代や経済状況、ライフスタイルによって引越し状況が異なりますので、自分の条件に合った引越し業者を選びましょう。

経済的に余裕があり、住居が広く、荷物量が多い場合は、引越し業者のサービス内容を重視して選び、少しでも引越し料金を安くしたい場合は、複数の引越し業者に引越し見積もりを依頼しまして、最安値の引越し業者を選びましょう。

また、夫婦・カップルの引越し理由は、転勤や転職以外に、住宅購入や住居のリフォームなどが多いですので、引越しが集中する3月~4月の繁忙期を避けて引越しますと、引越し料金が安くなりますし、引越し料金の値引き交渉がしやすくなります。

家族・ファミリーの引越し

家族・ファミリーの引越しは、荷物量の多さやマイカー持ちなどの理由から、引越しにかかる費用が高額になりがちです。

家族・ファミリーの引越し理由は、転勤や転職以外に、住宅購入や住居のリフォームなどがありますが、荷物量が多くなるほど運送するトラックの大きさや台数、引っ越し作業に必要な人員も増えますので、引越し料金が高くなります。

また、お子さんがいる場合は、学年や学期の開始に合わせて引越しすることが多いですので、引越しが集中する3月~4月の繁忙期に引越しますと、5月~2月の通常期に比べて引越し見積もりの料金が上がります。

しかし、家族・ファミリーの引越し料金は高額になりやすい分、引越し業者にとって魅力的ですので、複数の引越し業者に引越し見積もりを依頼しまして、相見積もりで引越し料金の値引き交渉しますと、引越し料金の割り引きや無料サービスを受けられる可能性があります。

引越しするときの大事な注意事項!

引越しが決まりますと、新しい住まい探しや引越しの各種手続き、引越し業者選びなど、やるべきことが多くありますが、引越しトラブルを避けながら引越し料金を節約するために、引越しをするときに気をつけたい注意事項があります。

引越し業者との値段交渉をうまく進めるためのマナーや引越しに関するコツなど、引越しに役立つ情報が満載ですので、引越しするときの大事な注意事項をご紹介します。

訪問見積もりを同じ日時にしない

複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼した場合、同じ日時に訪問見積もりを行わないようにしましょう。

2つ以上の引越し業者を同じ日時に訪問見積もりさせれば、引越し業者間の顧客獲得競争によって訪問見積もりが安くなると考えがちですが、引越し業界には他社の訪問見積もりを邪魔しないなど暗黙のルールがありますので、複数の引越し業者に同じ日時に訪問見積もりを依頼しますと、マナーのない客だと思われてしまい、引越し業者に悪いイメージを与えてしまいます。

引越し見積もり業者に悪いイメージがついた客は、引越し業務を請け負った際にトラブルが発生するかもしれないと引越し業者に思われますし、引越し依頼を断るためにわざと訪問見積もりの料金を高く出されることもありますので、同じ日時に引越し業者の訪問見積もりが重なってしまった場合は、訪問見積もりの時間を変更するか、引越しの訪問見積もりを延期してもらいましょう。

同じ日に複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼するときは、1時間以上間隔をおいた時間帯に各引越し業者の訪問見積もりを予約しまして、引越し業者が鉢合わせしないようにしましょう。

また、同じ日に複数の引越し業者に訪問見積もりをしてもらいますと、訪問見積もりのときにしつこい営業や接客をされたときに「別の引越し業者が訪問見積もりに来ますので、お帰りください」と言って断りやすいのでとても便利です。

引越し業者にうそをつかない

引越し業者に訪問見積もりに来てもらったときは、家の中を全部見せて、新居に運送する荷物量を確認してもらいましょう。

引越し業者を家に上がらせなかったり、一部の部屋を見せなかったりしますと、新居に運送する荷物量がわからず、引越し業者は大よその荷物量で訪問見積もりを出さなければならなくなりますので、訪問見積もりが高くなる場合があります。

引越し当日になってから運送する家具や家財、荷物量が増えますと、追加料金が発生しまして、結果的に高い引越し料金を支払うことになりますので、引越しの訪問見積もりのときは、あらかじめ新居へ引越しする荷物量を決めておき、引越し業者に家の中を下見してもらいまして、正確な見積もりを出してもらいましょう。

また、訪問見積もりのときに「他社は△万円でしたから、御社の見積もりを安くしてくれませんか?」など、うそを言って値引き交渉しましても、狭い引越し業界の中ではすぐにうそがバレてしまいますので、引越し業者に訪問見積もりしてもらうときは、うそをつくのはNGです。

引越しに必要なことは、事前に決めておく

引越しの訪問見積もりに来てもらうときは、事前に転居先や引越し希望日、荷物量など、引越しに必要なことを決めておきましょう。

引越し業者は、転居先までの移動距離や引越しの日時、荷物量によって、運送トラックの大きさや台数、引越し作業に必要な人員の数、引越しに使用する資材などを計算して引越し見積もりを出しますので、正確な引越し料金を知るためにも、訪問見積もりの前に、引越しに必要なことは決めておきましょう。

転居先や引越しの希望日、引越し先に持っていく荷物など、引越しに必要な情報をリストアップしておきますと、引越し業者との交渉がスムーズに進みます。

また、引越しに関する心配事がありましたら、訪問見積もりのときに引越しのプロである引越し業者に相談しますと、良いアドバイスがもらえます。

引越し業者の説明をしっかりと聞く

引越しの訪問見積もりは、引越し料金を記載した見積もり書の提示以外にも、引越し業者の特徴やサービス、保証内容、顧客の評価や満足度などを、引越し業者がPRする機会です。

同じ引越しの見積もり金額でも、新居に運送する荷物を引越し業者が梱包してくれるなど、引越し業者によって特徴やサービス内容が異なりますので、見積もり金額の安さだけでなく、引越し業者の説明もしっかりと聞きましょう。

また、引越しの訪問見積もりでは、引越し業者が引越しまでの流れや荷物の梱包の仕方、引越し当日までにやるべきことをガイド説明しますので、引越しのトラブルを避けるためにも、実際に引越しするときの打ち合わせをする気持ちで引越し業者の話を聞きますと、引越しまでの不安が減ります。

各引越し業者の料金やサービスの比較、引越しまでの流れを把握するためにも、引越し業者の説明をしっかりと聞いておきましょう。

新居の間取りを把握しておく

引越し先が決まりましたら、新居の住所や階数、間取り、コンセントやエアコン排気口の位置、天井の高さ、ドアや窓の高さと幅、新居周辺の道などを把握しましょう。

引越し先の新居の間取り図を作成しておきますと、引越し見積もり業者との交渉がスムーズに進みますし、引越し作業に無駄がない料金の引越し見積もりを提示してもらえます。

引越し当日に、ドアや窓が小さくて家具が搬入できない、道幅が狭いために予定していた大きさのトラックが入れないのでトラックをキャンセルした…、などの引越しトラブルを回避するためにも、新居が決まりましたら、新居の間取りや周辺の道を必ずチェックしておきましょう。

引越し見積もりの内訳

引越し見積もり後、引越し業者が決まり引越しの契約を行う場合、引越しのトラブルを避けるために、国土交通省によって標準引越運送約款が定められています。

引越し見積もりの内訳は、移動時間や移動距離から算出される基礎運賃、人件費や梱包資材などの実費、エアコンの取り外し・取付けやピアノ運送などにかかるオプション代を合計して出されます。

新居に持っていく家具や家財、家電、ダンボール箱の数によって、荷物を運搬するトラックの大きさや台数、引越し作業に必要な人員の数が変わりますので、荷物量が多くなるほど引越し料金が高額になります。

また、エアコンの取り外し・取付け、ピアノの運送、不用品の処理、ハウスクリーニングなどを引越し業者に依頼しますと、オプション料金が発生することもありますのでご注意ください。

荷物の梱包作業など、引越し業者にどこまで引越し作業をお願いするかによって引越し見積もりが変わりますので、引越し業者に依頼する引越し作業を一部おまかせ型にするか、全部おまかせ型にするかの判断は、引越しする人の経済状況や希望によって異なりますが、自分で荷物を梱包しまして、引越し業者や赤帽などを利用しますと、全部おまかせ型の引越しプランよりも引越し料金が安く抑えられます。

家族・ファミリーの引越しなどで、経済的に余裕があり、引越しの荷物量が多くて自分で梱包作業が困難な場合は、全部おまかせ型の引越しプランをオススメ致します。

引越しは、転勤や転職、学年や学期の開始に合わせて引越しする人が多く、3月~4月は引越し依頼が集中しますので繁忙期となり、引越し料金が高くなります。

繁忙期を避けまして、5月~2月の通常期に引越ししますと、引越し業者との値段交渉もしやすくお得な料金で引越しでき、また、土日や祝日、大安も引越しの需要が多いですので、引越しを大安以外の平日に予定しますと、引越し料金が安くなります。

引越しにかかる移動時間や移動距離から算出される基礎運賃は、旧居から新居までの運送が長距離であるほど高い引越し料金になりますので、長崎県東彼杵郡から東京都へ移動するような県外エリアの引越しは、引越し見積もりが高額になります。

県内エリアのような近距離で引越しするときは、大手の引越し業者よりも、地域密着型の中小企業の引越し業者に依頼した方が安い料金で引越しできる場合もありますので、引越し見積もり一括サイトを利用しまして、大手企業だけでなく、中小企業の引越し業者からも引越し見積もりを取り、引越し料金やサービス内容を比較しますと、自分の希望に合った最安値の引越し業者が見つかります。

引越し見積もりサイトで、簡単な情報を入力フォームに登録するだけで複数の引越し業者の見積もりが手に入りますので、ぜひ引越し見積もり一括サイトをご利用ください。

引越し見積もりのまとめ

引越しは、新居の賃貸料や家具・家電の購入など、新しい生活を始めるために必要な出費がかかりますので、引越し料金はできるだけ安く抑えたいものです。

引越し料金を安くするためには、複数の引越し業者から見積もりを取り、引越し料金やサービス内容を比較するのが一番確実ですが、電話で複数の引越し業者に見積もりを依頼しますと時間や手間がとてもかかりますし、どの引越し業者に見積もりを依頼すれば良いかわかりません。

引越し見積もりサイトを利用しますと、アート引越センターやサカイ引越センター、日本通運(日通)などのCMで有名な大手引越し業者だけでなく、地域密着型の中小引越し業者の引越し見積もりも一括で受け取れますので、複数の引越し業者の引越し料金を比較しまして、最安値の引越し業者を選ぶことができます。

また、引越し見積もりサイトでは、ランキングサカイなど引越し業者のランキングや、実際に引越し業者を利用した人の新着口コミレポートなどもアンケート記載されていますので、Yahoo!知恵袋を利用しなくても引越し業者の評判や特徴がわかりますし、引越し業者を選ぶ判断材料になります。

引越し見積もりサイトの中にはキャッシュバック・キャンペーンを行っているサイトがあり、引越し業者に見積もりを依頼するともらえる特典やプレゼントを詳しく紹介しているサイトもありますので、引越しにお得な情報をぜひ活用しましょう。

また、どれだけ最安値の引越し業者を選びましても、引越しするためには数万円かかりますので、引越しの支払いに楽天カードなどが使用できる引越し業者を引越し見積もりサイトで確認し、引越しを依頼しますと、お得なポイントをためることができますのでオススメです。

引越しは、新居選びから引越しの各種手続き、引越し業者選びなど、やるべきことがたくさんありますので大変です。

しかし、引越しの流れや引越しのコツ、引越し見積もりのポイントや引越し業者との交渉方法など、引越しに役立つ情報をあらかじめ知っていますと、引越しトラブルを回避しながら引越しをスムーズに進めることができますし、引越し料金も節約できます。

安い料金で引越しするためにも引越し業者を選ぶときは、引越し見積もりサイトなどを利用し、大手から中小までの引越し業者の引越し見積もりを取りまして、引越し料金やサービス、引越し業者の評判などを比較しながら、自分の希望に合った最安値の引越し業者を選びましょう。

引越しコラム 最新情報

04

引越し荷物はこうして分けよう!後々役立つ梱包の裏ワザ

生活用品をダンボールに詰めていくと、だんだん頭もいっぱいになってしまいますね。 特に、ファミリー世帯の引越しは荷物も多く、すぐ必要な物が紛れてしまってパニックということも。 そんな
24

リノベーションした部屋は修理費用がかからないのかどうか

近年、セルフリノベーションがとてもメジャーな存在になりました。 専門家に頼むと多額の費用がかかるリノベーションですが、自分でやればお金も節約できる上、好きなようにアレンジできるのが
23

便利屋と引越し会社は引越しプランによって使い分けよう!

依頼があればなんでもやってくれるという便利屋。 近年は引越しサービスを提供している便利屋も多くなっています。 驚きの低料金で引越しを引き受けることもある便利屋ですが、その作業内容に

引越し体験談 最新情報

taiken1

知り合いが働いていたクロネコヤマトで引越しをしました。

引越し業者を選んだ理由 職場にその業者で働いている知り合いがおり、職場の人に頼まれたため、お願いしました。 知り合いに頼むことで、安価な料金で見積もりを出してもらえそうだったことと
taiken2

実際に見積もりにきた方の対応が誠実だったので選びました。

引越し業者を選んだ理由 複数の業者様にインターネット上で見積もりを依頼してその中でもかなり安いほうの値段を提示していただきました。 その後、実際に見積もりに来ていただいてこれ以上下
taiken2

電話の段階で一番安い条件を提示していただいたハート引越しセンターにしました。

引越し業者を選んだ理由 ネットでいくつかの業者に見積もりをお願いしました。 遠距離の引越しなので、お金がかかるのは承知していましたが、できるだけ安く済ませたかったので、電話の段階で